ShareSalonBP銀座店OPENまでの内装施工

ブログの更新もかなり久しぶりになってしまっておりますが、ShareSalonBP銀座店を先日OPEN致しました。

私達夫婦の中でも大型店舗の施工、かつ難しい物件だったので備忘録的に記録しておきたいと思います。

もともとの状態はシャッターがあり、駐車スペースの奥にタイルカーペットが敷いてある事務所件駐車場の物件。

ただ、1Fということもあり視認性が高いかなぁと考えておりました。

部屋をどのようにしたら6部屋取れるか?シュミレーションしているところです。特に銀座店は細長い物件なので、色々試行錯誤しました。

タイルカーペットを剥がしたところ木製の床が出てきたので、こちらと手前の駐車場スペースをつなげる必要があるなと。床は少し傾いておりレベルをあわせる必要などもありました。

シャッターも撤去して新しく店舗の玄関周りを作る必要もあったので、奥さんが作ってくれたイメージ図。

まず、天井照明を全部撤去し、解体から。その後床貼り、壁の立ち上げと進んでいきます。

電気の配線を行ってボード貼り、このあたりに行くまでにすでに1ヶ月程度はかかっているのではと思います。

確か年末年始と、子供の熱だったりで1月は半月以上作業できなかったような、、、

実際にはボードを貼って、その後ファイバーテープ、パテ塗り×2、パテ削りのサンダー、地味な作業を永遠続けています。でも綺麗にするためには手間と時間をかけています。

玄関ドアも壁を作って設置しました。窓ガラスも入れて外からの見栄えも良くなってきたと思います。

下地ができたら続いて壁紙を貼っていきます。

ここまでは全部奥さんと2人で行っています。

壁紙を貼ったところに、まず受付・A・Bルームのエアコン設置。ここだけ外部の方に来て頂き作業してもらいました。1台の室外機に3台の内機をつけるというもので場所の関係上仕方ないのですが、中々大変だったと思います。ちなみに工賃だけでウン十万!

そしてやっと2部屋のみOPEN、工事開始してから約2ヶ月程度かかってのOPENとなりました。

メイクブースや、他の部屋もお客様を迎えられる状態へ、順次OPENしております。エアコンもなんと計7台!4台は頑張って自分で取り付けました。

ブログに書いているととても簡単なのですが、1つ1つの工程にはそれぞれ大変な部分もあり、それでも会員様・しいてはお客様に快適にご利用いただける空間かつご利用料金もお安くしたいとの思いがあり、私達夫婦で施工を行っております。

苦労を見せたい訳ではないのですが、皆様には大切に使用して頂けますと幸いです。

今後ともShareSalonBPをどうぞよろしくお願い致します。

関連記事

  1. 出張型リラクゼーションを独立開業するメリット・デメリット

  2. エステの開業セットって何?費用を抑えてエステサロンを開業する方法

  3. 青色申告と白色申告の違いは?それぞれのメリット・デメリットを解説

  4. 減価償却ってなに?エステで開業する人に知って欲しい会計の話

  5. リラクゼーションセラピストは稼げる?独立開業した場合の年収は?

  6. エステサロンを開業するための手続き|保健所への届出や許可は必要?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。