リラクゼーションの独立開業に必要なものは?備品の揃え方は?

リラクゼーションサロンを独立開業するには、必要な備品を揃える必要があります。

ある程度の必要なものは、資格取得のために通ったスクールなどでわかると思いますが、

「どこで揃えられるのか」

「スクールで使用したもの以外に必要な物は何か」

がわからない場合もあるでしょう。

今回は、リラクゼーションサロンの開業に必要な備品と、どのように揃えたらよいかお伝えします。

リラクゼーションサロンの独立開業に必要なもの一覧

ここでは、リラクゼーションサロンを独立開業するために必要なものを、リストアップしました。

リラクゼーションと言っても、アロマテラピーや足つぼ、ヘッドスパなど多岐にわたります。

一つひとつを挙げているとキリがないので、今回は「アロマテラピーサロンでボディのオイルトリートメントをする場合」で考えていきます。

アロマテラピー以外の場合は、この一覧を参考にして、開業したいリラクゼーションメニューに必要かどうかを考えてみてください。

大型設備

  • 施術ベッド(エステベッド)
  • ワゴン
  • 施術者用スツール
  • ホットキャビ(タオルウォーマー)

備品など小物類

  • タオル類:大判タオル・フェイシャルタオル
  • ブランケット
  • スリッパ
  • 電気毛布

お客様用の備品

  • ヘアブラシ
  • ひざかけ
  • テーブル・チェアセット
  • 荷物BOX
  • ハンガー・ハンガーラック
  • 消毒用アルコール
  • ティッシュ

施術者に必要なもの

  • ユニフォーム
  • カルテ・誓約書
  • 領収書
  • マスク
  • 筆記用具
  • パソコン・プリンター類
  • おつり
  • 金庫
  • コイントレー
  • 印鑑
  • バインダー
  • 時計(置時計or掛け時計)
  • 掃除道具
  • 洗濯用品
  • 消毒用アルコール

おもてなし用に必要なもの

  • カップ・ソーサー・グラスなど
  • お茶
  • お茶菓子
  • BGM
  • お手拭き

施術(アロマテラピー ボディオイルトリートメント)に必要なもの

  • 精油
  • キャリアオイル
  • フットバス
  • ペーパーショーツ
  • ガウン・ラップタオル
  • 使い捨てシーツ(防水シーツなど)
  • ピローシート
  • トリートメント用オイル入れ
  • オイルふき取り用タオル
  • フットバス後の足ふきタオル

ここに挙げたもの以外にも、取り入れたい備品があれば追加で準備しましょう。

また、サロンのメニューやコンセプトによっては必要のないもの、他のもので代用できるものもあります。

あれもこれも準備するのは大変なので、必要最低限のものから徐々にそろえていけないか、検討してみることも大切です。

リラクゼーションサロン開業に必要なもののそろえ方

必要なものがリストアップできたら、購入してそろえていきましょう。

近くにリラクゼーション用品を扱うショップがあれば、実物を見ながら購入できるので安心ですね。

しかし、なかなか近くにショップがなかったり、都合のよい時間に営業している訳ではなかったりします。

そのような場合に便利なのが、通販サイトです。

ここから、リラクゼーション用備品をそろえるのにおすすめの通販サイトをご紹介します。

ビューティガレージ

とにかく品揃えが豊富で、「ないものはない」と言えるほどの通販サイトです。

ハーブボールやホットストーン、耳つぼジュエリー、よもぎ蒸しなど、さまざまなリラクゼーションメニューに対応しています。

ペーパーショーツや使い捨てシーツなどの消耗品も種類が多く、自分好みの商品が見つかるでしょう。

3,000円(税別)以上の注文で通常送料無料(一部商品を除く)になります。

注文した商品が思ったものと違う場合でも、商品が到着後、1週間以内であれば返品OKです。

返品については、「開封済み・使用済みの商品は返品不可」「返品の送料は自分持ち」など、さまざまな条件がありますので、公式サイトで確認してみてください。

実店舗は世田谷・渋谷・札幌・仙台・金沢・名古屋・大阪・広島・福岡にあります。

実際に見て、触って確かめられるので、近くに店舗がある場合は利用してみましょう。

セブンビューティ(旧セブンエステ)

セブンビューティも、リラクゼーション用の備品を多く取り扱っている通販サイトです。

2,980円(税込)以上で基本送料が無料になります。(個別送料のぞく)

ただし、セブンビューティは「商品が思っていたものと違った」などの自己都合での返品はできないため注意してください。

実店舗であるセブンビューティストアは、東京(台東区)・大阪(中央区)・福岡にあり、実物を見たり試したりすることが可能です。

商品の在庫があれば、その場で購入できますし(基本的に福岡店のみ)、オーダーシートで購入し、後日発送してもらえば荷物になりません。

また、商品についての相談も随時行っているので、困ったことがあれば利用しましょう。

サロンプラネット

備品が充実しているサロンプラネット。

”マッサージオイル・マッサージクリームの品そろえは業界最大級”(サロンプラネット公式サイトより引用)というように、商品一つひとつのバリエーションがとても豊富です。

ショールームは秋葉原店のみで予約が必要ですが、じっくり商品を吟味できるでしょう。

小物8,500円(税別)以上で送料無料です。

サロンプラネットも、自己都合での返品はできません。

リラクゼーション用の必要なものを安くそろえて開業できるShareSalonBP

「これから開業」という場合、どれだけ予約が入るか、どれだけ収入を得られるかわからない状態ですよね。

必要最低限のものだけ購入しようとしても、結構な金額になってしまうこともあります。

そんなとき、「とりあえず全て安く購入したい」と思うのは普通のことでしょう。

しかし、お客様は想像以上にシビアに見ています。

ケチったところは、何となく伝わってしまうものなのです。

「これから開業したいが、なるべく安く備品をそろえたい」と言う場合は、レンタルサロンで開業することをおすすめします。

だいたいのレンタルサロンでは、施術ベッドが用意されています。

また、レンタルサロンによってはタオルやペーパーショーツなども無料や有料で貸し出していることもあるのです。

そういったレンタルサロンを選べば、有料品を使用した分と部屋代だけ支払えばよいので、開業前の出費をかなり抑えることができるでしょう。

ShareSalonBPでは、施術ベッドはもちろんのこと、おもてなし用のグラスやカップ、施術で必要な大判タオル・ラップタオルなどが無料で借りられます。

防水シートや紙ショーツも、有料ですがご用意しているので、使用した分だけ料金を支払えばOK。

(詳しくはホームページをご覧ください)

そしてなにより、ShareSalonBPは立地もよいのです。

新宿・池袋・表参道・渋谷・神楽坂・恵比寿・吉祥寺にあるお部屋は、どこも駅から徒歩3分程度。

ここまで良い立地を自分で用意するのは大変ですよね。

立地が良いことは、集客に大きなメリットとなります。

ShareSalonBPは、良い立地で、あまりお金をかけずに開業できるという好条件がそろっています。

「どんな備品があるの?」

「お部屋の雰囲気を見てみたい!」

という方は、ぜひ一度見学にお越しください。

見学問合せはこちらから

リラクゼーションサロンを独立開業するのに必要なものは?備品のそろえ方まとめ

今回は、リラクゼーションサロンを独立開業するために必要なものと、備品をそろえる方法として便利な通販サイトを3つお伝えしました。

先にもお伝えしましたが、リラクゼーションの種類はとても多く、必要な備品は施術内容によって大きく変わります。

共通して言えることは、お客様が直接触れるものや、目にするものなどは、安さよりも品質を重視するべきということ。

「備品はなるべく安くそろえたい」と思うのが本心だと思いますが、お客様は予想以上にシビアにサロンの一つひとつを見ています。

実際に見て触れられるショップは、自分の目でしっかりチェックできるので、積極的に利用しましょう。

そして、「開業前の出費をなるべく抑えたい」という希望を叶えてくれるのが、備品を貸し出してくれるレンタルサロンです。

ムリなく、好条件で始められる方法として、ぜひ考えてみてください。

あなたのリラクゼーションサロンが、良いスタートを切られるよう、開店までにしっかり準備しておきましょう。

関連記事

  1. リラクゼーションセラピストは稼げる?独立開業した場合の年収は?

  2. リラクゼーションで独立・開業に資格は必要?資格の種類と取得方法

  3. レンタルサロンはベッドで選ぶ!当店が電動ベッドを採用する理由

  4. エステの開業セットって何?費用を抑えてエステサロンを開業する方法

  5. エステサロンを開業するための手続き|保健所への届出や許可は必要?

  6. 整体・リラクゼーション・エステ|自宅サロンでもユニフォームは必要?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。