整体で独立開業するための準備|必要なものは何?どこで購入できる?

整体師の資格を取得し、開業する場所が決まったら、必要なものを揃えたいですよね。

ベッドやタオルはすぐに思いつきますが、なかなか出てこないものもあるはずです。

この記事では、整体で独立開業するために最低限準備しておくべき備品と、購入できる場所をご紹介します。

開業してから「しまった!」とならないように、しっかり準備しましょう。

整体で独立開業するために必要なもの(備品)リスト

整体で独立開業するために必要なもの(備品)をリストアップしました。

ここに挙げているものは必要最低限のものではありますが、別の物で代用できたり、施術内容や整体院のコンセプトによって不要だったり、必要なものが入っていない場合もあるかもしれません。

あくまでも「道具を使わず手技だけで施術する場合」における、一般的に必要な備品についてお伝えします。

大型設備

  • 施術ベッド
  • 施術用椅子

施術ベッドには、高さを調整できるもの・折りたたみ式のもの・うつ伏せ時に呼吸がしやすい有孔加工をしてあるものなど、たくさんの種類があります。

ご自分の施術内容や、今後取り入れていきたいメニューなどに合わせて選ぶようにしましょう。

施術に必要な備品・家具など

  • ベッド用シーツ
  • タオル
  • ブランケット
  • 消毒用アルコール
  • ハンガーラック・ポールハンガー
  • 加湿器・アロマディフューザー
  • フェイスペーパー
  • BGM
  • 椅子・テーブルセット

施術時に必ず必要になる枕やタオル類と、お店の雰囲気をつくるBGM、接客に必要となる家具類などを挙げました。

雰囲気づくりの備品は、どんなお店をつくりたいかをはじめにしっかりと決めた上で購入しましょう。

例えば、街にある整体院のようにシンプルな雰囲気が良いのか、かわいらしいお店をつくりたいのか…などということです。

あまり頻繁に雰囲気を変えてしまうとお客様が混乱してしまうため、あまりブレないように気を付けましょう。

お客様用の備品

  • スリッパ
  • 施術時用の着替え
  • 荷物入れ

お客様が直接使用するものです。

施術者が考える以上に、お客様はシビアに物の良し悪しを見ています。

そのため、ここに挙げたものは、なるべく安っぽくないものを選ぶのがおすすめです。

決して高級なものを選ぶ必要はありません。

「自分がもしお客様の立場だったら」という目線で選ぶようにすれば、間違いないはずです。

施術者に必要なもの

  • ユニフォーム(施術着)
  • パソコン・プリンター類
  • 印鑑
  • 領収書
  • 金庫(小さいものでOK)
  • カルテ・誓約書・問診表
  • 筆記用具
  • バインダー
  • 時計(置時計or掛け時計)
  • 掃除道具
  • コイントレー(現金の場合)

ここに挙げたものは結構見落としてしまいがちです。

しかし、とても大切なものばかりなので、抜けのないように準備しておきましょう。

カルテなどは市販されているものもありますが、「使い勝手が悪い」として自分で作る人も多くいます。

市販品をいくつか見て、購入するか自作するか決めるとよいでしょう。

おもてなしに必要なもの

  • カップ・ソーサ―
  • お茶・お水
  • お手拭き

お茶のサービスやお手拭きは、コンセプトにもよりますので必須ではありません。

しかし、お客様の満足度を高めるポイントでもありますので、検討する価値はあるでしょう。

エステやリラクゼーションで開業する場合に比べ、整体院の開業に必要なものはそれほど多くない傾向にあり、開業費用は低く抑えられます。

ただし、お客様の肌が直接触れるフェイスペーパーやスリッパ、着替えなどは安さ重視だと整体院の印象が安っぽくなってしまうでしょう。

開業資金が充分にある場合は、一つひとつの備品にこだわってもいいですが、そうでない場合がほとんどだと思います。

お客様の満足度に直結する場所はなるべく品質を重視し、それ以外のものは収入が増えてから考えるなど、メリハリをつけましょう。

整体院を開業するために必要なものはどこで揃える?

整体院を開業するために必要なものがわかったところで、それらをどこで揃えるかが問題になってきます。

資格を取得したスクールが提携しているお店で安く購入できる場合は、利用するのも手です。

「自分好みの備品を揃えたい」

「もっと安く購入したい」

という場合は、次に挙げる通販サイトを利用してみるのはいかがでしょうか。

(2021年11月現在の情報です)

  • サロンプラネット:施術ベッドの種類がとても豊富です。
    施術用ベッドとして人気の高い高田ベッドも購入できます。
    小物8,500円(税別)以上で送料無料。

東京には完全予約制のショールームがあるため、ゆっくりと実際の商品を見ることができます。

  • からだはうす:他の通販サイトに比べ、整体色の強い通販サイトなので、「整体に必要なものを効率よく探したい」という場合におすすめです。
    10,000円(税抜)以上で送料無料。
  • ビューティーガレージ:品揃えは200万点以上なので、欲しいものがきっと見つかります。
    3,000円(税別)以上の注文で通常送料無料(一部商品を除く)。
    札幌・仙台・金沢・東京・渋谷・名古屋・大阪・広島・福岡にショールームがあり、実際に商品を確かめられます。
  • セブンビューティ:国内25万以上のサロンが会員登録している人気の通販サイト。
    必要な備品で挙げたフェイスペーパーの種類が、他サイトより豊富です。
    2,980円(税込)以上で基本送料が無料(個別送料のぞく)。
    ショールームは東京・大阪・福岡にあります。

ShareSalonBPなら体ひとつで開業できます

ここまで、整体院を開業するために必要な備品は何か、備品をどこで購入したらよいかをご紹介してきました。

通販サイトではたくさんの種類から選べることや、配送してもらえるなどのメリットがあります。

しかし、ShareSalonBPでは、必要なものはほぼ揃った状態なので、体ひとつでお越しいただければすぐに開業できてしまうのです。

備品を一つひとつ選んでいる時間や、備品の購入費用を節約できるため、事業に一番大切な集客に注力できます。

必要なときに必要なものだけを利用するのであれば、それほど多くのお客様がついていない段階でも、安心して営業できますね。

また、レンタルサロンは新宿・池袋・渋谷・表参道・神楽坂・吉祥寺・恵比寿にあり、どのお部屋も駅から徒歩3分程度の好立地です。

好立地なのに低価格で開業できることは、大きなメリットではないでしょうか。

どのような備品が揃っているのか、内装や利便性はどうなのか、ぜひ一度見学にお越しください。

整体院をスムーズに開業できるよう、お手伝いいたします。

見学のお申込みはこちらから。

まとめ

今回は、整体院を開業するために必要なものや、備品を購入するためにおすすめの通販サイトをお伝えしてきました。

施術のことばかり考えていると、お客様のご来店時や支払いの際に必要なものを見落としてしまうことがあります。

お客様がいらっしゃる前からお帰りいただくまでの流れを、何度もシミュレーションしながら、「必要なものがそろっているか」を確認しましょう。

安心して開業するには、万全の準備が必要です。

資金とお客様の満足度、自分のこだわりなど、様々な角度から考えなければいけないため、とても大変ですが、開業の夢を実現させるために頑張りましょう!

関連記事

  1. エステの開業セットって何?費用を抑えてエステサロンを開業する方法

  2. 青色申告と白色申告の違いは?それぞれのメリット・デメリットを解説

  3. エステの独立開業に必要なものは?機器・化粧品・備品のそろえ方

  4. レンタルサロンのセキュリティは大丈夫?見落としがちな鍵の話

  5. 整体院の開業資金はいくら?融資や助成金など資金調達の選択肢を紹介

  6. リラクゼーションセラピストは稼げる?独立開業した場合の年収は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。