レンタルサロンはベッドで選ぶ!当店が電動ベッドを採用する理由

レンタルサロンの多くは、マッサージ台や施術ベッドを完備しています。

施術ベッドはかなり大きく重量があるので、施術ベッドが完備されているレンタルサロンはとてもありがたいですよね。

では、「完備されている施術ベッドは、どのようなベッドがいいか」まで考えたことはありますか?

「施術ベッドが用意されているなら、何でもいい」という考えでしたら、ぜひこの記事を読んでみてください。

この記事では以下のことがわかります。

  • ShareSalonBPではなぜ電動ベッドを選んでいるのか
  • 電動ベッドのメリット
  • 電動ベッドのデメリット

あまり施術ベッドについて深く考えたことがない人も、施術ベッドの大切さがわかるでしょう。

それでは、最後までご覧ください。

ShareSalonBPが電動ベッドを採用している3つの理由

ShareSalonBPでは全室電動ベッドを完備しています。

それには、次の3つの理由があるからです。

  1. 施術者の体を守るため
  2. 施術に集中し、高いパフォーマンスを発揮できるため
  3. お客様に安心してご利用いただけるサロンづくりをしてもらうため

このように、利用者様から「ShareSalonBPでお部屋を借りて良かった」と思ってもらえることを目指しているからです。

1.施術者の体を守るため

ShareSalonBPで電動ベッドを採用している理由の1つ目は、施術者の体を守るためです。

長く施術者として活躍していくには、良い姿勢で体に負担をかけずに施術することがとても大切になります。

電動ベッドはボタン一つで高さを変えられるため、施術者が施術するのに一番適した高さに調整できます。

電動ベッドであれば、細かい調整も可能です。

お客様の体ばかりでなく、ぜひご自分の体にも気を配ってください。

2.施術に集中し、高いパフォーマンスを発揮できるため

ShareSalonBPで電動ベッドを採用している2つ目の理由は、いつも高いパフォーマンスを発揮してほしいからです。

電動ベッドは重量感があり、大人2人が乗ったところでびくともしません。

木製の折りたたみベッド特有のギシギシ音は、施術者もお客様も不安になることがありますが、電動ベッドにはそういった心配がないため、施術に集中できるでしょう。

また先ほど挙げたように、電動ベッドは細かい高さ調整ができます。

「もう少し低い方がやりやすいな」「このままでは腰が痛くなりそうだ」などと思ったら、すぐに高さを変更すればよいだけです。

施術以外の余計なことを考える必要がなく、いつでも高いパフォーマンスを発揮できるでしょう。

3.お客様に満足していただけるサロンづくりをしてもらうため

ShareSalonBPで電動ベッドを採用している理由の3つ目は、お客様にも満足していただけるためです。

事業をはじめたら、売上を伸ばしていってもらいたいと願っています。

そのためには、やはりお客様に満足していただけるサロンづくりが大切です。

「ベッドでお客様の満足度を高められるの?」と思うかもしれません。

小さい事ではありますが、小さな事の積み重ねがお客様の満足度につながるのです。

例えば、お客様がベッドに乗ったり降りたりする際、ベッドが高すぎると大変ですよね。

オイルがついた足では、もしかしたら降りた瞬間に転んでしまうかもしれません。

電動ベッドであれば、お客様がベッドに乗り降りする時は低く、施術時は高くするなど、その時その時で調整が可能です。

また、ベッドから降りる際「今から低くしますね」などと声かけをされて降りやすい高さに調整されるだけでも、お客様は「大切にされている」と感じるでしょう。

こういった小さな事が、お客様の満足度を上げていきます。

多くのお客様は、癒されに来店されているでしょう。

そのため、ベッドの乗り降りというストレスも、できる限り少なくしていきたいものです。

施術者は、あらゆることを想定して動かなければいけません。

ちょっとしたことでも「可能性がある」と感じるならば、できるだけ避けられる努力をする必要があるのです。

それが、最終的にお客様の満足度につながり、あなたのサロンが成功する秘訣にもなります。

電動ベッドのメリット

ここまで、ShareSalonBPが電動ベッドを採用している理由についてお伝えしてきました。

ここからは、電動ベッドのメリットについて、次の4つをお伝えしていきます。

  1. 重量感があり、お客様が安心して身を委ねられる
  2. お客様がベッドに乗り降りする際、転ぶ心配が少ない
  3. ボタン一つで上下できるため時短になる
  4. 高さの合わないベッドで腰を痛める心配がない

メリットについては、先ほどお伝えしたこととほぼ同じですが、一般的にはどんなメリットがあるかをご紹介します。

1.重量感があり、お客様が安心して身を委ねられる

電動ベッドはとても重量感があります。

そのため、どんな体型のお客様でも安心して身を委ねられるでしょう。

レンタルサロンに多い木製の折りたたみベッドの場合、体格のよいお客様から「壊れそうで怖い」という声を聞いたことがあります。

電動ベッドであれば、よっぽど壊れる心配はありませんので、お客様も安心できるでしょう。

また、木製の折りたたみベッドの場合、折りたたむために真ん中にくぼみができてしまいます。

その部分がお客様によっては気になったり、腰に負担を感じたりする場合があります。

電動ベッドはくぼみがなくフラットなので、お客様の体に負担を与えることなく、安心して施術を受けてもらえるでしょう。

2.お客様がベッドに乗り降りする際、転ぶ心配が少ない

「ShareSalonBPが電動ベッドを採用している3つの理由」のなかでもお伝えしましたが、電動ベッドで高さを調整すれば、お客様が楽にベッドを乗り降りできます。

とくに、施術中に眠ってしまったお客様は、施術が終わってすぐは頭がボーッとしているでしょう。

その状態で高いベッドから降りると、転んでしまうなど思わぬアクシデントに見舞われる場合があります。

電動ベッドなら、お客様が乗り降りしやすい高さにすぐに調整できるため、とても安全です。

3.ボタン1つで上下できるため時短になる

電動ベッドは、ボタン1つで高さを調整できます。

そのため、お客様がいてもすぐに高さを調整できますし、調整するにも力がいりません。

レンタルサロンの多くは、木製の折りたたみ式ベッドを使用しています。

このタイプのベッドはベッドの脚の部分に穴が開いており、脚の長さを変えることでベッドの高さが調整可能です。

簡単に書きましたが、実は折りたたみベッドの脚の長さを変えるのは意外に手間がかかります。

ネジを止める場所で高さを調整していくため、一度ベッドを倒してネジをつけ変え、再びベッドを起こさなくてはいけません。

ベッドによっては脚1本につきネジが2本ついているものもあり、時間もかかりますし、労力も必要です。

レンタルサロンは時間で部屋を借りているため、なるべく施術以外で時間を使いたくないですよね。

電動ベッドなら数秒で高さを変えられるため、かなり時間も労力も節約できます。

4.高さの合わないベッドで腰を痛める心配がない

先にもお伝えしましたが、電動ベッドは細かい高さ調整ができるため、自分に合った高さで施術できます。

施術者は、体の使い方がとても大切です。

施術を終えて、「疲れた」とか「腰が痛い」などを感じたら、体の使い方が悪いと思ってよいほど。

お客様に癒しや健康を提供する仕事をしていて、自分の体に負担をかけてしまっているとしたら本末転倒です。

施術する際は、施術ベッドの高さを必ず自分に合わせましょう。

時には他の準備に一生懸命になりすぎて、お客様をお部屋に案内してから「ベッドの調整を忘れていた」と気付くこともあるでしょう。

よくある木製の折りたたみベッドの場合、お客様の大切な時間を使うわけにはいきませんので、そのまま施術することになります。

高さの合わないベッドでの施術は、施術者の体に負担がかかります。

施術にも集中しづらくなりますし、お客様にとっても「何だかあまり気持ちよくない」という結果になってしまう可能性もあるでしょう。

電動ベッドであれば、うっかり高さを調整し忘れていても、ボタン1つで調整可能です。

この手軽さを知ったら、他のベッドでは満足できなくなるかもしれません。

電動ベッドのデメリット

良いことばかりに見える電動ベッドですが、実はデメリットもあります。

それは、次の2つです。

  1. 固い・冷たいイメージを与えてしまう
  2. 重いため、移動に力が必要

ひとつずつ解説していきます。

固い・冷たいイメージを与えてしまう

電動ベッドは骨組みが金属でできているため、固い・冷たいというイメージを与えてしまうでしょう。

また、昇降機能もついているため、どうしてもベッド自体に圧迫感が出てしまいます。

電動ベッドの便利さや安心感と、木製ベッドの優しさや明るさは両方手に入れることはできません。

とは言え、イメージだけの問題です。

実際に電動ベッドで施術を受ければ、ベッドの便利さと安心感で納得し、見た目のイメージなどは関係なくなるでしょう。

重いため移動に力が必要

電動ベッドは、木製の折りたたみベッドとは比べ物にならないほど重いです。

重さはベッドの安定感のために大切なものではありますが、移動するのに力が必要になります。

多くの利用者様にはあまり関係のないことかもしれませんが、タイ古式マッサージで利用したい場合は、マットを敷くためのスペース確保で、ベッドの移動が必要です。

しかし、ご安心ください。

タイ古式マッサージでShareSalonBPをご利用になりたい場合、電動ベッドは移動しやすいようにキャスターが付いています。

キャスター付きの電動ベッドなら、一人でも楽に移動ができますよ!

レンタルサロンを利用する際どんなベッドか確認が必要

今回は、ShareSalonBPで電動ベッドを採用している理由、電動ベッドのメリットとデメリットについてお伝えしてきました。

多くのレンタルサロンが木製の折りたたみベッドを採用しているなか、なぜShareSalonBPでは電動ベッドなのか。

それはすべて、「利用者様がShareSalonBPで起業して良かった」「ShareSalonBPでお部屋を借りて良かった」と思ってもらえるためです。

レンタルサロンを探す際、「施術ベッドの有無」は調べても「どんな施術ベッドが用意されているか」まで気にしない人はきっと多いでしょう。

しかし、施術ベッド1つでもお客様の満足度や、施術者が事業を継続していけるかなどに、少なからず影響を与えます。

今後レンタルサロンを探す時には、どんな施術ベッドが用意されているのかを気にしてみてください。

ShareSalonBPではお客様と利用者様が気持ちよく過ごしていただける環境づくりに力を入れています。

ぜひ一度、見学にいらしてください。

ShareSalonBP 見学のお問い合わせはこちらから

お待ちしております。

関連記事

  1. エステサロンを開業するための手続き|保健所への届出や許可は必要?

  2. リラクゼーションセラピストは稼げる?独立開業した場合の年収は?

  3. エステの独立開業に必要なものは?機器・化粧品・備品のそろえ方

  4. エステの開業セットって何?費用を抑えてエステサロンを開業する方法

  5. 整体院の開業資金はいくら?融資や助成金など資金調達の選択肢を紹介

  6. レンタルサロンのセキュリティは大丈夫?見落としがちな鍵の話

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。