エステの開業セットって何?費用を抑えてエステサロンを開業する方法

エステサロンの開業準備中、「開業セット」の文字を見かけると思います。

便利そうですが「何が含まれている?」「どこで購入できる?」と疑問ですよね。

今回は、エステの開業セットとは何か、メリットは何か、どこで購入できるかをお伝えします。

より初期費用を抑える方法も解説していますので、ぜひ参考にしてください。

エステ開業セットとは

エステ開業セットとは、エステサロンを開業する際に必要となる施術ベッドやスツールなどを、数点まとめて販売している商品です。

エステは痩身やフェイシャル、脱毛など様々な種類がありますが、業者によってはニーズに合わせて選択できたり、欲しいものを組み合わせることができたりします。

単品で揃えるよりもお得になる場合が多く、初期費用をなるべく抑えたい人にはおすすめです。

エステ開業セットのメリット

エステ開業セットを利用するメリットは、次のことが挙げられます。

  • 商品を一つずつ探して購入する時間や手間を省ける
  • 単品で購入するより費用を抑えられる
  • 必要なものをうっかり買い忘れる心配が少なくなる
  • アフターサービスを一か所にまとめられる
  • 送料を抑えられる

開業前は、手続きや備品の準備、集客のための準備などで慌ただしいものです。

そんななか、1つの業者からまとめて安く購入できるのはとても嬉しいですよね。

購入後も「ベッドはどこでアフターサービスを受けるんだったっけ?」「スチーマーはどこで買ったんだっけ?」など迷うことがほぼありません。

初期費用を抑え、買った後にもメリットがある開業セットは、これからサロンづくりをしていく人の強い味方となるでしょう。

エステ開業セットのデメリット

メリットの多いエステ開業セットですが、デメリットもあります。

以下のデメリットをよく頭に入れた上で利用しましょう。

  • 必ずしも自分の好みばかりを組み合わせられない
  • 色や形がある程度決められている

開業セットは、「開業のために揃えましたよ」という有難い商品ではありますが、一方で業者の売りたい商品を組み合わせてある場合も多いことを頭に入れておきましょう。

そのため、「ベッドはこの形がいいのだけど、単品でしか扱っていない」などということも大いにあり得ます。

ある程度妥協できるのであれば良いですが、どうしても妥協できない部分は開業セットを利用せず、単品で揃えたほうが、後々残念な気分にならなくて済みます。

安さを取るか、自分のこだわりを取るか、よく考えて利用しましょう。

エステ開業セットの内容は?

エステ開業セットの内容は、やりたいエステの種類や業者によって変わります。

また、施術ベッド1つ取っても、ボディ用の施術ベッドなのか、フェイシャルベッドなのか、電動タイプなのかの違いもあり、当然金額も大きく変わるでしょう。

ここでは、ごく一般的な開業セットについてお伝えします。

<フェイシャル開業セット>
フェイシャルベッド・スツール・ワゴン・スチーマー・ホットキャビなどのうちから数点

<ボディ開業セット>
施術ベッド・スツール・ワゴン・ホットキャビなどのうちから数点

<まつエク開業セット>

フェイシャルベッド・スツール・ワゴンなどのうちから数点

<脱毛サロン開業セット>

施術ベッド・スツール・ワゴンなどのうちから数点

業者によっては、タオルやペーパーショーツ、シーツなどもセットになっている場合があります。

また、消耗品は消耗品だけのセットとして販売されている場合があり、こちらも単品で揃えるよりも安く購入できるため、セット内容に納得できれば利用を検討してみてください。

開業セットの詳しい内容や金額は、会員登録した人しか見られないようになっていることが多いため、気になるサイトに会員登録し、じっくり吟味しましょう。

開業セットを選ぶ際の注意点

開業セットは、まとめて購入することで費用を抑えられます。

しかし、よく注意しておかなければ「思ったものと違った」「使えない」などという失敗をしてしまう場合もあるでしょう。

せっかく費用を抑えようとしているのに、使えないものを購入してしまっては意味がありません。

そのようなことを避けるために、以下のことに注意しましょう。

  • 購入するものが、サロンのイメージに合っているか(色や材質など)
  • ワゴンの棚の高さは、置きたい商材が置けるか
  • スツールやワゴンのキャスターの音は静かか
  • ベッドの高さは合っているか(調整できるか)
  • エステ機材はサロンメニューに沿った機能がついているか
  • セットについている化粧品やオイルなどは、安心して使えるものであるか
  • セットのタオルやスポンジなどの厚さは使い勝手がいいものか
  • 大型の備品は、部屋に置ける大きさか(置いて圧迫感がないか)

通販で購入する場合、色や大きさ、機材の機能などはサイトに書いてあるはずなので、しっかり確認しましょう。

使い勝手については、実物を見ないと正確にはわかりません。

実店舗がある場合は、実際に行って確認することをおすすめします。

実店舗がない場合、スクールで使っている物を参考にしてもいいですし、スクールの先生や先輩セラピストにどんなものを使っているか聞いてみましょう。

また、もっと費用を抑えるために中古の開業セットというものもあり、検討している人もいるのではないでしょうか。

しかし、中古の場合はサポート期間が終了していたり、故障しやすかったりなどの欠点があるため、あまりおすすめしません。

エステ開業セットの取扱業者

ここから、エステの開業セットを取り扱っている主な業者を4つご紹介します。

特徴や、どんなものがセットになっているかなどを比較してみて、ご自分の理想がかなう業者を探してみましょう。

セブンビューティー

ベッドから化粧品に至るまで、エステサロンを経営していくうえで必要なものが全て揃います。

開業セットだけでなく、様々な備品も一緒に注文できればとても楽ですよね。

セブンビューティーストア東京本店では、実際に最新エステ機器を見られたり、エステやマツエク、フェイシャルを体験できたりします。

実際の商品の使い心地を、お客様目線や施術者目線で確認できるのがおすすめポイントです。

開業セットでは、ベッドやスツールの色が選べます。

中には、有孔か無孔かを選べるベッドもあるため、選択肢は広いでしょう。

ミヤタッチ

『お客様のかゆいところまで手を届かせる』をモットーにしているミヤタッチ。

バイヤーが厳選した高品質の商品を、低価格で提供しています。

業務機器に専属のインストラクターがいるため、1日で複数の商品を体験したり、講習を受けたりできるので便利です。

開業セットは「脱毛サロンセット」「ボディサロンセット」「フェイシャルサロンセット」「まつエクサロンセット」があります。

その中でもスタンダードセットからフルセットまで用意されているものもあるため、自分の予算や必要なものに応じて決めるとよいでしょう。

美セラ

格安の卸販売を通販で行っている美セラ。

「開業 開店 応援セット」として、選んだ商品数によって割引されるスタイルをとっています。

  • 2点なら3%OFF
  • 3点なら5%OFF
  • 5点なら10%OFF

など、一緒に買う点数が多くなるほど安く購入できます。(2021年10月現在)

また、ベッド1つ取っても、割引が適用される商品のなかから選べるため、開業セットを好みに合わせて組み合わせることが可能です。

フォレストエステティックスクール

「スクール」と名前がついていることからわかるように、メインはエステを教えるスクール業です。

施術ベッドやスツールなどだけでなく、化粧品やオイルなどの消耗品も取り扱っており、ここだけで必要なものが全て揃えられてしまうかもしれません。

サロン経験豊富なスタッフが品質や使い勝手のよい商品を選んでいるため、安心して購入できるでしょう。

また、開業セミナーも無料で行っているため、開業時の不安や疑問点などを解消するために参加してもいいですね。

初期費用をもっと抑える方法

エステサロンを開業するためには、様々な物が必要になります。

開業セットは単品で購入するより費用を抑えられますが、レンタルサロンを利用すれば、開業セットを購入する費用もかかりません。

新宿・渋谷・池袋などに店舗があるShareSalonBPなら、実際にエステとして利用するために、プロの目で選ばれたベッドやスチーマー、スツール、タオル類などが揃っています。

開業セットは選ぶ時間や手間が少なく済みますが、それでもやはりサロンのイメージや使い勝手などを考える時間はかかってしまうでしょう。

レンタルサロンであれば、時間もお金も節約になりますし、自分で部屋を借りてサロンを開業するときのために、ゆっくりと備品を吟味することが可能です。

初期費用を一番抑えられるレンタルサロン。

どんな設備があり、どんな備品が揃っているのか、一度見学にお越しください。

ShareSalonBP 見学のお問い合わせはこちらから

まとめ

いかがでしたか?

開業セットは、これからエステサロンの開業準備をする人の強い味方となってくれるものです。

ただし、本当に自分の好みに合っているか、サロンの雰囲気やメニューに沿っているか、大きさや機能は希望を満たしているかを考えて利用しましょう。

ただ安さだけを追求してしまうと、ちぐはぐなサロンイメージになってしまいますし、「使えなかった」とか「機能が足りなかった」となると、せっかくの節約が水の泡になってしまいます。

開業セットは、賢く利用することで初期費用を抑えられます。

よく考えてから利用するようにしたいですね。

関連記事

  1. 青色申告と白色申告の違いは?それぞれのメリット・デメリットを解説

  2. 減価償却ってなに?エステで開業する人に知って欲しい会計の話

  3. レンタルサロンはベッドで選ぶ!当店が電動ベッドを採用する理由

  4. 整体院の開業資金はいくら?融資や助成金など資金調達の選択肢を紹介

  5. 整体・リラクゼーション・エステ|自宅サロンでもユニフォームは必要?

  6. リラクゼーションセラピストは稼げる?独立開業した場合の年収は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。