エステの独立開業に必要なものは?機器・化粧品・備品のそろえ方

エステサロンを独立開業する際、エステ機器や化粧品・備品が必要です。

はじめて開業する場合「何が必要か」「どのようにそろえればいいか」がわからない人も多いでしょう。

今回は、エステサロンの開業に必要な機器や化粧品、備品はどのようにそろえたらよいのかお伝えします。

エステの独立開業に必要なもの一覧

エステの独立開業に必要なものは、メニューによって変わりますが、おおよそ以下のものが必要になります。

大型設備

  • 施術ベッド(エステベッド)
  • ワゴン
  • 施術用スツール
  • ホットキャビ(タオルウォーマー&クーラー)
  • エステ機器
  • 衛生機器(備品消毒用)

備品など小物類

  • タオル類:大判タオル・フェイシャルタオル
  • ブランケット
  • スリッパ
  • 化粧品

お客様用の備品

  • ひざかけ
  • テーブル・チェア
  • 荷物BOX
  • 消毒用アルコール

施術者に必要なもの

  • ユニフォーム
  • カルテ・誓約書
  • 領収書
  • マスク
  • 筆記用具
  • パソコン・プリンター類
  • おつり
  • 金庫
  • 印鑑
  • バインダー
  • 時計(置時計or掛け時計)
  • 掃除道具
  • 消毒用アルコール

おもてなし用に必要なもの

  • カップ・ソーサ―
  • お茶
  • お茶菓子
  • BGM
  • お手ふき

フェイシャルメニューに必要なもの

  • 製水器
  • スチーマー
  • スポンジ
  • 刷毛
  • コットン
  • ガーゼ
  • ラップタオル
  • ボウル
  • ティッシュ
  • 化粧品

ボディメニューに必要なもの

  • ガウン・ラップタオル
  • ペーパーシーツ
  • ペーパーショーツ・ブラ
  • マッサージ用オイルなど

上記は必ず必要なものもありますが、他のもので代用できたり、必要なかったりする場合もありますので、ご自分のサロンや施術内容に合わせてそろえましょう。

エステ機器・化粧品・備品のそろえ方

ここからは、エステサロンを開業する際、エステ機器・化粧品・備品などを、どこでどのようにそろえたらよいかをお伝えしていきます。

エステ機器

エステ機器は、どのようなメニューを取り入れるかで必要な機器や金額が変わります。

そんなに簡単に買い替えるわけにもいきませんので、よく吟味して購入することが大切です。

自分のサロンにはどのような機器が必要なのか、どのメーカーがよいのかなどは、先輩セラピストや資格取得したスクールの講師などに相談してみるとよいでしょう。

また、機器の調子が悪くなることや、定期的なメンテナンスが必要な場合もあるため、継続してお付き合いできるような信頼の置ける業者から購入すると安心です。

しかし、購入するには多額の資金が必要になります。

高額なものになると、数百万円もする機器もあり、資金が充分用意できる場合をのぞき、開業当初からそろえるのはとても大変です。

まずはリースやレンタルで利用してみて、本当にその機器で満足できるか、資金が充分に用意できるかを確認した上で購入するとよいでしょう。

リースやレンタルの場合、途中解約できない場合があるため、契約条件はよく確認してください。

以下に、エステ機器をレンタル・リースできる業者を、一部ですがピックアップしました。

ご自分の取り入れたいメニューに合った機器があるか、サービスはどうかなどを見比べてみてください。

  • 美ガーデン:短期間レンタル可能・レンタル期間途中で機種変更や解約OK
  • ワールドジャパン:アフターフォロー充実・取扱商品が豊富
  • セブンビューティ:最短1ヶ月からレンタル可能・修理期間中は代替え機を無料貸出し
  • ビーウェイブ:3ヶ月レンタル後に機器を購入可能・3年間機器をレンタルすると自分のものにできる

化粧品

エステを開業する場合、化粧品を使用したフェイシャルエステをメインとする人も多いでしょう。

通っていたエステスクールで使用していた化粧品を使いたいとか、お気に入りの化粧品がある場合は、それを使用すればよいと思います。

「これから化粧品を探さなければいけない…」という人のために、エステサロン用化粧品の選び方をお伝えします。

1.メインとなる化粧品メーカーは1つに絞る

化粧品を決める際、メインとなる化粧品メーカーは1つに絞っておきましょう。

なぜなら、メインとなる化粧品はあなたのサロンの顔となるからです。

その商品を目当てで来店してくださるお客様もいらっしゃるでしょうし、商品を気に入ってくだされば、リピート客になってくれる可能性もあります。

扱うメイン商品がコロコロ変わると、お客様が不安に感じたり混乱したりして、お客様が離れていってしまう原因にもなります。

化粧品メーカーは、エステサロンを経営していく上で長い付き合いとなりますので、信頼でき、自分でも自信をもっておすすめできるメーカーを1つ決めましょう。

2.化粧品の成分に気を配る

化粧品は、人それぞれ合う・合わないがあります。

エステにいらっしゃるお客様は、少なからずお肌に何らかのトラブルや悩みがあるはずです。

化粧品によって肌トラブルがなるべく起こらないよう、化粧品に含まれる成分にはとくに気を配る必要があります。

化粧品を決める際は、メーカーの勉強会に参加したり、サンプルを取り寄せて自分でテクスチャや香り、使用後の感覚などを確かめたりし、納得した上で決めましょう。

3.サロンのコンセプトから化粧品を選ぶ

化粧品はメーカーも種類も多いため、選ぶのに悩むこともあるでしょう。

その場合、まずはサロンのコンセプトを決め、コンセプトに合った化粧品を選ぶ方法を試してみてください。

ご自分のサロンのコンセプトを決め、客層をある程度絞っておけば、化粧品選びの選択肢が狭まり、選びやすくなります。

例えば、

  • アンチエイジングをメインにする
  • お肌の弱い方をメインに、天然のものを取り入れたエステをする

など、ご自分のエステサロンのコンセプトを決めるのです。

コンセプトを決めれば、化粧品選びが容易になるだけでなく、集客するときも「私のサロンはこれがウリです!」と、他のサロンとの差別化ができるため、集客しやすくなりますよ!

「化粧品選びに時間がかかって仕方がない…」

そんな場合は、今後のためにもぜひコンセプトから決めてみてください。

備品

サロン経営では、タオル類からティッシュまで、さまざまな備品が必要となり、消耗品も多いために意外に費用がかかります。

だからと言って安さ重視で選んでしまうと、使い勝手が悪かったり、お客様の満足度を下げてしまったりするため、ある程度の品質も必要です。

特にお客様の肌に触れるものは、ご自分の予算と相談しながら、なるべく品質重視で選ぶようにしましょう。

そのためには、まず自分の肌で確かめてみる必要があります。

購入前に肌ざわりや使い勝手を確かめる方法が一番よいですが、実店舗が近くにない地域もあるでしょう。

その場合は通販サイトにある商品の口コミを参考にしてみるのもよいですし、先輩セラピストなどに聞いてみてもよいでしょう。

備品を購入するのに便利なのは、やはり通販です。

たくさんの備品を購入しても配達してくれますし、24時間いつでも注文できるのは有難いですね。

ここからは、エステに必要な備品を購入できる、おすすめの通販サイトをご紹介します。

(2021年10月現在の情報です)

  • セブンビューティ:2,980円(税込)以上で基本送料が無料になります。(個別送料のぞく)
    東京・大阪・福岡にショールームがあり、購入前に実物を見ることができますよ。
  • ビューティガレージ:人気ブランドを含め、200万点以上の品揃えを誇るため、ビューティーガレージだけで欲しいものが全て揃うかもしれません。
    3,000円(税別)以上の注文で通常送料無料(一部商品を除く)になります。
    17時までの注文で最短当日出荷してくれるので大変便利です。
    ショールームは札幌・仙台・金沢・東京・渋谷・名古屋・大阪・広島・福岡にあり、化粧品はテスターで試す事もできます。
  • 美セラ:プロ専用の卸通販問屋です。
    10,000円(税別)以上で送料無料になります。
    キャンペーンやセールを度々開催しているので、欲しいものがお得に買えるかもしれません。
  • サロンプラネット:ベッドの種類がとにかく豊富で、高さが5センチ〜10センチ間隔で用意されている種類もあります。
    小物8,500円(税別)以上で送料無料です。
    東京にショールームがあり、完全予約制なので、ゆっくりと商品を見ることができますよ。
  • ビー・エイチ:エステ用品を中心に取り扱っているため、欲しい商品が見つけやすいでしょう。
    注文合計金額2,500円(税別)以上で送料無料になります。

ShareSalonBPならエステ機器が使い放題

ShareSalonBPの新宿店・池袋店・吉祥寺店では、エステ機器が定額で使い放題です。

また、その他の店舗でも備品が無料で使用できます。(一部有料あり。)

ご利用いただけるエステ機器は以下のものです。

◎フェイシャルマシン

  • スチーマー(スチーマーのみは無料)
  • スプレー
  • バキューム
  • スクレイパー
  • イオン導入
  • 超音波
  • ハイフリークエンシー
  • ローラーブラシ
  • ダイヤモンドピーリング

◎キャビサイクロン

  • キャビテーション
  • ラジオ波
  • バキューム

◎業務用脱毛器

◎セルライトローラー

備品は、ベッドやスツール、ホットキャビのほか、タオル類やおもてなし用のグラス・カップなども揃っています。

詳しくはShareSalonBPホームページをご覧ください。

エステ機器はご自分でレンタル・リースするより格安で利用できますし、備品は一つひとつそろえる手間が省けるため、気軽に独立開業できるでしょう。

レンタルサロンは新宿・池袋・渋谷・表参道・神楽坂・吉祥寺・恵比寿にあり、どのお部屋も駅から徒歩3分程度の好立地です。

どのような機器や備品が揃っているのか、内装や利便性はどうなのか、ぜひ一度見学にお越しください。

見学のお申込みはこちらから。

まとめ

いかがでしたか?

エステサロンを独立開業するには、たくさんのものが必要になります。

開業し、実際にお客様が来店されてから「用意していなかった!」とならないよう、シミュレーションしながら確実に準備できるといいですね。

とは言え、準備するものが多いと、費用も選ぶ時間もかかってしまいます。

どれがいいかな?と考えている時間はワクワクしますが、時間をかけすぎて集客などの肝心な部分に手が及ばなくなってはいけません。

しかし、妥協してしまうと、使いづらかったりお客様の満足度が下がったりなどの悪影響が出てしまう可能性もあります。

バランスが難しいところではありますが、時間的・金銭的にしっかり計画を立てて開業準備を進めましょう。

良いスタートを切れるよう、賢く準備したいですね。

関連記事

  1. 整体院の開業資金はいくら?融資や助成金など資金調達の選択肢を紹介

  2. リラクゼーションの独立開業に必要なものは?備品の揃え方は?

  3. マンションでエステサロンを開業するメリット・デメリット|営業許可は必要…

  4. レンタルサロンのセキュリティは大丈夫?見落としがちな鍵の話

  5. 青色申告と白色申告の違いは?それぞれのメリット・デメリットを解説

  6. エステの開業セットって何?費用を抑えてエステサロンを開業する方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。